弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の基礎知識


知的財産とは

 知的財産とは、企業や個人などの技術開発や商品開発、または表現などに対して権益を保護する財産権の一種で、「知的財産権」と呼ばれています。

 知的財産に該当するものは非常に幅広く、次のようなものが挙げられます。

特許権
 ┗新しい技術の発明を保護する権利。
 ┗液晶モニターの技術・医薬品の製造技術など。

実用新案権
 ┗物の形状や構造に関する考案を保護する権利。
 ┗携帯電話の構造・薄型テレビの構造など。

商標権
 ┗商品やサービスに付けられるマークを保護する権利。
 ┗ブランドバッグのマーク・企業のトレードマークなど。

意匠権
 ┗物のデザインを保護する権利。
 ┗工業デザイン・模様や色彩など画面デザインなど。

 これらは開発企業にとって必ず守りたい権利ですが、私達の生活の中ではこうした権利を侵害する事柄が溢れており、企業に大きな損害を与えています。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] アルバイト求人/ ベビーシッター/