弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


特許権・実用新案権の取得

 特許権・実用新案権とは、企業や個人が新しい商品を開発したり、発明や考案などをした際に、他がそれと同様の物を模倣しないように、あらかじめ取得しておく権利の事を指します。

 特許権は技術に関する高度な発明を対象とし、実用新案権は技術に関する考案を広く対象として無審査で取得することができます。

 弁理士に相談すると、まず新しい発明や考案がどのような内容の物か確認を行い、特許権と実用新案権でどちらが適しているかの判断をおこないます。

 また発明や考案のさらに幅広い権利が付加できるか調査を行い、様々な可能性を判断したうえで、詳細な内容を書き込んだ明細書など必要な書類を作成して、特許庁に出願手続を行います。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座