弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


商標権の取得

 商標権とは、その商品やサービスを表すためのマークや印などを保護する権利の事を指します。

 普段から身の回りでよく目にするマークは、その商品やサービスを他の物と区別する目印であるため、同じマークが他で使用される事がないよう、商標権として登録しておく必要があります。

 よく偽物ブランドの商標権侵害のニュースを目にしますが、商標権はブランド品だけに限らず、身近な商品やサービスのほとんどは登録されています。

 弁理士は相談を受けると、その商品やサービスがどのカテゴリーに当たるかを確認し、同じような商標がすでに登録されていないか確認を行います。

 商標の登録が可能であることの確認が取れると、願書や商標見本などの書類の作成を行い、特許庁に出願手続を行います。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] 専門学校 願書・受験/ 体験エステ/