弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


拒絶理由通知

 特許庁に出願を行い審査されると、稀に出願を拒絶する審査結果である「拒絶理由通知」が出される場合があります。

 弁理士は、特許庁の拒否の結果に対して、なぜそうした審査結果が通知されたのか検討を行い、拒絶理由通知を解消するための手続きをとる方策を練ります。

登録異議の申立

 商標の出願者の中には、紛らわしい複数の商標を登録して、他の出願を妨害するような手段に出ることがあります。

 弁理士は、そうした登録要件を欠く商標が登録されていたばあいに、代理して特許庁に登録異議の申立を行い、審査を請求します。

 また一方で自身が出願した場合に、逆に異議の申し立てを受ける可能性もあります。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] 求人広告無料/