弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


その他の手続

 弁理士が代理で出願を行う「特許権・実用新案権・意匠権・商標権」などは、その時々で「登録・移転・変更」などを行う場合があり、弁理士は依頼に応じてこうした手続を取ります。

審判の請求

 前のページでご紹介した「拒絶理由通知」が解消されないと、いつまでも登録されことなく企業の利益が損失してしまう可能性も生じてきます。

 こうした時、弁理士は特許庁が下した拒絶処分を不服とする審判を請求する事が出来ます。

 「他の特許権が要件を欠くため特許を無効にしたい場合」「自身の特許権の一部に軽い不備があり訂正したい場合」「他の商標権に関する商標登録を取り消す必要がある場合」など、依頼を受けた弁理士は、念密な状況判断を行い、必要な手続きをとり審判の請求を行います。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座