弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


訴訟

 拒絶理由通知があり、審判の結果でも不服があった場合には、審判の取り消しを求める訴訟を裁判所におこすことになります。

 弁理士は代理人として、もしくは弁護士などの代理人の補佐として訴訟を担当し、また逆に他から権利侵害の訴訟を起こされた場合には、同様に代理人として訴訟を受けます。

鑑定、判定、技術評価書

 鑑定・判定とは、依頼をしている意匠などの範囲がどこまで及ぶか、または他と類似しているかなどを弁理士が鑑定を行い、代理人として特許庁に見解を求める判定請求を行います。

 また技実用新案権など無審査で取得できる権利に対して、その権利の有効性の確認を行うため、弁理士は特許庁に対して技術評価請求を行い、示された技術評価書の内容をさらに鑑定します。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] キシリトール 虫歯予防/ プロアクティブ/ アルバイト求人/