弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


裁判外紛争解決手続

 ひとたび裁判が行われると、紛争の解決までに問題が長期化する恐れがあります。

 そうした事態を避けるべく、弁理士は依頼により「特許権・実用新案権・意匠権・商標権・JPドメイン名」など権利関係のトラブルを「日本知的財産仲裁センター」に申し立て、裁判外での紛争解決にむけた手続を行います。

 またそれ以外でも「回路配置利用権・特定不正競争」などに関する紛争も、裁判外での紛争解決の手続を行います。

輸出入差止め

 権利関係のトラブルは、国内だけで発生するものとは限りません。

 輸出入品において「特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権」などを侵害する恐れがある物品があった場合には、弁理士は輸入・輸出者に変わり、関税法に基づく認定手続きを取る事の申立てを行います。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] キャッシング低金利/ 激やせサプリ/