弁理士資格取得に役立つ試験難易度・講座情報!
弁理士資格取得

弁理士の仕事内容


契約の締結

 企業間の契約では、「特許権・実用新案権・意匠権・商標権・回路配置・著作物」などに関する権利や技術の売買する契約を締結する場合があります。

 弁理士はそうした時に相談を受け、コンサルティングや媒介となる場合もあります。

外国での産業財産権の取得、対応

 グローバル化が進む中で、海外の国に進出したり取引を行う機会が増えてきました。

 そうした時にしばしば問題になるのは、国ごとに違う法律が定められ産業財産権がせいりつしているため、日本での権利は外国では意味を成しません。

 そのため、産業財産権は相手国でも登録するなどし、対応しておく必要があります。

 そうした時に弁理士は、海外で提携する現地の弁理士とコンタクトを取り、代理で手続きを行います。


弁理士資格取得に役立つ通信・通学講座情報!ここから無料で資料請求できます。

弁理士等通信・通学資格講座比較!


TOPページ弁理士資格ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
弁理士資格ガイド!難易度・合格率・資格取得講座


[PR] 無料占い/